長野原町かるた

長野原かるた巡り「う」うだつの残る羽根尾宿

ブゲン
どうもブゲンです!今回の長野原かるたは「う」の札を紹介するよ♪
ブゲン
家と家の間にでっかい壁みたいなのが描いてあるね!
あれはなんじゃろうな…?
ふく老師
ブゲン
それの答えが今回の札なんだよ♪
そうじゃったか…答えが楽しみじゃな。
ふく老師
ブゲン
長野原かるたについて知りたい人は下の記事を読んでみてね!
長野原かるた
長野原町かるた
長野原町かるた全札まとめ(群馬の郷土かるた)

どうもブゲンです。この記事では、群馬県長野原町の郷土かるた「長野原町かるた」を紹介していきます。 上 ...

続きを見る

スポンサーリンク

羽根尾宿とうだつとは

ブゲン
羽根尾宿ってなんだろ?
江戸時代から明治初期にかけて、草津温泉への湯治客が一休みの場として利用した場所なんじゃ…
ふく老師
ブゲン
なるほどね〜!
ブゲン
「うだつ」っていうのは、屋根に付けられる防火壁のことなんだってさ♪
隣に燃え広がるのを防ぐ役割を果たしておるんじゃな…
ふく老師

解説

ブゲン
それじゃあ、この札に書かれている解説を見ていこう!

江戸時代から明治初期にかけて草津温泉への湯治客は、狩宿新田や羽根尾の宿で馬や籠から下りて一休みした。そして、火災予防や冬季の寒い西風除けのため、宿の家屋は屋根より一段高く厚壁で防火壁が作られ、これを「うだつ」といった。しかし、建築様式も変わり現在、町内では羽根尾に一軒残っているだけである。

ふく老師
火災予防のためのものなんじゃな…
ブゲン
そうだね。長野原町に残っているのはこの一軒だけなんだ。
ふく老師
時代の移り変わりを知ることができる貴重な建物じゃな…
  • この記事を書いた人

ブゲン

食べることと群馬の郷土かるたが好きなブロガー。好きな食べ物は「餃子」好きな上毛かるたの札は「よ」 かるたが繋いだご縁で光GENJIの佐藤寛之氏とラジオ共演を果たし、ライブイベントでは司会や補助を頼まれたことも…。自分には無縁と思われた世界を知り、戸惑いもあったがやれば出来ると自信に繋がる。つまり何が言いたいかというと、かるたって人と人を繋げる不思議な魅力がある♪

-長野原町かるた

Copyright© まいらいふり〜すたいる♪ , 2020 All Rights Reserved.