まいらいふり〜すたいる♪

食レポ/群馬ネタ/旅行/スポーツが趣味の20代男のブログ

沼田かるた

六文銭信吉ねむる天桂寺~沼田かるた巡り~「ろ」

投稿日:

どうもブゲンです。

沼田かるた巡りの旅、今回は「ろ」の札を紹介していきます。

この札は戦国時代の武将「真田信吉」と「天桂寺」というお寺についての札になっています。

沼田市は、真田の里として様々なPR活動を行っています。

この札には一体どのような意味が込められているのでしょうか。

さっそく調べていきましょう♪

スポンサーリンク

真田信吉とは

※おおまかに紹介しているため、辻褄が合わない箇所があるかもしれませんがご容赦ください。

真田信吉は2代沼田藩主。真田信之の嫡男になります。

兄弟には、信濃松平藩2代藩主「真田信政」、信濃埴科藩2代藩主「真田信重」がいます。

生年については諸説がありますが、ここでは文禄4年(1595年)としておきます。

 

父の真田信之は、関ヶ原の戦いまでは真田信幸と名乗っていました。

東軍西軍に真田家が分かれる際、父である真田昌幸との決別を表すため、信之という名に改名したとされています。

母は、真田信綱の娘である「清音院殿」とされています。※諸説あります。

ですが、真田家の家記に彼女についての伝記は残っておらず、謎が多い女性です。

 

信吉は、慶長19年(1614年)の大阪の陣に幕府軍側で参戦。

豊臣軍に敗れ敗走したと言われています。

元和元年(1615年)に従五位下河内守に叙任。

その翌年に、父である信之が上田に移り、沼田城主として3万石を相続することになるのです。

妻は、江戸幕府の老中、酒井忠世の娘(松仙院)で、2人の間には子供が1人生まれました。

その後、側室との間には、熊之助・信利の2人の子をもうけています。

信吉のお墓

信吉のお墓は群馬県沼田市材木町の「天桂寺」というお寺にあります。

天桂寺は、室町時代中期に開山とされる曹洞宗のお寺で、釈迦如来を本尊としています。

仏様の足型などもあるんです!

足に、何か彫られているんですね…

これも仏教に関係しているのでしょうか?

境内を散策していると…六文銭を見つけました!

ところで、信吉のお墓はどこにあるのでしょうか?

探し回っていると赤い橋を見つけました。

ここは、本堂から右手の方に進んだところにあります。

どうやらこの橋を渡って向かうようです。

お墓のちょうど真ん中に真田信吉のお墓がありました。

看板も設置されてるのですぐに分かると思います。

墓石には真田信吉と彫られていますね。

六文銭も確認することができました。

見学に行く際は、周囲がお墓のため、マナーを守って行くようにしてください。

アクセス

住所:群馬県沼田市材木町309(天桂寺)


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

-沼田かるた

Copyright© まいらいふり〜すたいる♪ , 2018 AllRights Reserved.