まいらいふり〜すたいる♪

食レポ/群馬ネタ/旅行/スポーツが趣味の20代男のブログ

沼田かるた

細谷浅松初代の市長~沼田かるた巡り~「ほ」

投稿日:

どうもブゲンです!

沼田かるた巡りの旅、今回は「ほ」の札を紹介していきます。

人物札となる「ほ」の札ですが…

~細谷浅松 初代の市長~

こちらの人物が沼田市の発展にどのような形で貢献したのか…

調べていきましょう♪

スポンサーリンク

細谷浅松

細谷浅松(ほそや あさまつ)は、明治18年2月15日に誕生しました。

昭和45年4月30日、85歳でこの世を去るまで、沼田市の発展に多大な貢献をされた方です。

 

昭和29年の合併まで、当時の沼田は、「沼田町」「利南村」「池田村」「薄根村」「川田村」の1町4ヶ村となっていました。

平成17年2月に、白沢村と利根村も合併して、現在の沼田市になっています。

浅松は、沼田町の議会議員をつとめた後、大正12年に同町の町長になります。

さらに、同14年に上水道を完成させます。

 

昭和29年に1町4ヶ村が合併し、沼田市が誕生しました。

浅松は水道事業の発展など、沼田百年の計を立て、初代沼田市長に就任することとなるのです。

その人柄は、信念一徹・清廉潔白・人情味に溢れていたと言われています。

沼田市役所の入口には、浅松の銅像が建てられています。

なぜここまで浅松が称えられているか、初代市長という理由だけではありません。

元々、沼田台地は水源の確保が難しく、その苦労は戦国時代、沼田氏がこの土地を治めていた頃からあったようです。

沼田氏の繁栄の象徴。幕岩城址を探索!本丸・二の丸跡や殿様清水の場所も紹介♪

そういった、水の問題に積極的に取り組んでいた所も、現在まで語り継がれる所以でしょう。

沼田市名誉市民

こういった多大な功績から、細谷浅松は沼田市名誉市民に選ばれています。

現在まで、7名の方が名誉市民となっています。

 

県内各都市に先駆けて、上水道を完成させた手腕は、各方面から高く評価されたようです。

市民のことを第一に思い、行動していた人物なのかもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

-沼田かるた

Copyright© まいらいふり〜すたいる♪ , 2018 AllRights Reserved.