沼田かるた

恵まれた自然の中を関越道~沼田かるた巡り~「め」

どうもブゲンです!

沼田かるた巡りの旅、今回は「め」の札を紹介していきます。

~恵まれた 自然の中を 関越道~

この札は関越自動車道についてのものになっているようです。

高速道路は、私達の生活に欠かせない移動方法ですよね…

さっそく調べていきましょう♪

スポンサーリンク

歴史

昭和60年10月2日に全線開通した関越自動車道。

東京練馬から新潟黒崎までをつなぐ大動脈です。

群馬から新潟をつなぐ関越トンネルは全長約11kmにもなります。

積雪が多いときには、トンネルに入る前にチェーン脱着が必要な場合もあります。

 

沼田IC(インターチェンジ)は、練馬から数えて13番目にあたります。

沼田ICから昭和ICの間には、長さ1,034mの「片品川橋」があります。

沼田ICが共用されたのは、1985年(昭和60年)10月2日になります。

同日に前橋IC~湯沢ICまで開通したことにより、全線開通したとされています。

 

ただ、この時にはまだ、沼田ICのお隣の昭和ICの共用は開始されていなかったのです。

昭和ICの共用が開始されたのは1998年(平成10年)のことでした。

片品川橋

沼田ICから昭和ICの間には「片品川橋」という橋があります。

全長1,034mにもなるこの橋は、沼田の交通の便に欠かせないものです。

沼田市や昭和村から見るこの橋は、とても大きく目立つものとなっています。

写真は、片品村から撮った下からの1枚です。

大利根の自然の中を貫通しているこの道路は、四季おりおりの変化に富んだ景観を楽しむことができます!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

ブゲン

食べることと群馬の郷土かるたが好きなブロガー。好きな食べ物は「餃子」好きな上毛かるたの札は「よ」 かるたが繋いだご縁で光GENJIの佐藤寛之氏とラジオ共演を果たし、ライブイベントでは司会や補助を頼まれたことも…。自分には無縁と思われた世界を知り、戸惑いもあったがやれば出来ると自信に繋がる。つまり何が言いたいかというと、かるたって人と人を繋げる不思議な魅力がある♪

-沼田かるた

Copyright© まいらいふり〜すたいる♪ , 2020 All Rights Reserved.