まいらいふり〜すたいる♪

食レポ/群馬ネタ/旅行/スポーツが趣味の20代男のブログ

観光・旅行

山上碑(上野三碑)に行ってみた!碑文の内容や古墳をレビュー♪駐車場の場所や地図も紹介!

更新日:

どうも舞幻です。

今回は世界記憶遺産に登録されたばかりの山上碑について紹介したいと思います。

登録されて初めての週末に行ってみましたが一体どれだけ観光客の方が来ているのでしょうか?

今話題のホットな場所を実際に訪れてみました♪

スポンサーリンク

駐車場

山上碑の駐車場は、多胡碑や金井沢碑に比べて駐車場の位置がちょっと分かりにくいです。

また道中は対向車とすれ違うのが少し大変な細い道があるのでそこは注意が必要です。

といっても付近には誘導の方もいるのでそこまで心配する必要はないと思います♪

山上碑の駐車場は2箇所あり、写真の場所は碑に最も近い駐車場となっています。

碑までの道のり

山上碑への道は1つしかないので迷うことはありません。

入口にはこういった遊歩道MAPの看板もあるので、碑を見るついでに散策してみるのも楽しいかもしれませんね♪

この階段は上野三碑の登録を目指す中で整備されていったようです。

お!石段が出てきたぞ。この上に碑があるのかな?

と思っていた自分がいました……

ええ。まだたっぷり石段はありますとも……

しかも結構急な角度の石段に圧倒されてしまいました。

ですが安心してください!!

すぐ横には休憩所が用意されているのです。

ボランティアスタッフの方が麦茶やお菓子をくれますよ♪

スタッフの方はほとんどが地元の方なので、この辺の歴史などについても詳しく教えていただきました!

登録が決定してから日に数百人の観光客の方が来るようになったそうで、大変だけど嬉しいことだよと語ってくれました。

山上碑

石段をなんとか上りきり、碑がある場所に到着しました!

目の前にまず見えてくるのは古墳です。

この古墳についてはもうちょっとしてから説明しますね。

そして古墳の横には山上碑が保存されている建物があります。

ここにもスタッフの方が居て、碑や古墳についての説明を丁寧にしてくれますよ。

山上碑です。

とてもキレイな形で保存されていますよね。

この碑について資料では

 山上碑は、 681年に立てられた日本最古級の石碑で、高さ111センチの輝石安山岩の自然石に53字が刻まれています。放光寺の僧である長利が、亡き母の黒売刀自を供養するとともに、母と自分の系譜を記して顕彰したものです。引用元:高崎市/http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2013121600132/

こうみると、結構私的な理由で彫られた碑なのだなぁと思いますよね。

長利という僧はとても母親思いの人物だったのかなと想像できます。

ここで隣の古墳についてですが、この古墳は黒売刀自の父親のお墓として造られたそうです。

黒売刀自が亡くなった際に長利は、黒売刀自を父親と一緒の古墳に追葬したと考えられています。

 

この記事では資料に書かれていることをまとめているだけなので、実際に行った際にスタッフの方から裏話的なものを聞けるかもしれませんよ!?

ちなみに上からの景色はこんな感じです。

金井沢碑に繋がる道

古墳の右側は遊歩道になっています。

といっても足元は結構悪いので歩く際は気を付けてください!

自然がたっぷりの地形になってます笑

この道を看板通りに進んでいくと、なんと金井沢碑にたどり着くというのです!

行ってみようかなぁと思いましたが、徒歩だと45分ほど掛かるらしく断念しました……

体力に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょう!?

アクセス

住所:群馬県高崎市山名町山神谷2104

世界記憶遺産登録により、観光客の方が急増しています。

駐車場の数はそこまで多くないので誘導の方の指示に従うようにしてください。

最初にも言いましたが、部分的に道幅が狭くなっているので、徐行して安全に向かうようにしてください♪

 

にほんブログ村【群馬情報】参加してます。

↓ポチッで応援お願いします♪
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

-観光・旅行

Copyright© まいらいふり〜すたいる♪ , 2018 AllRights Reserved.