まいらいふり〜すたいる♪

食レポ/群馬ネタ/旅行/スポーツが趣味の20代男のブログ

上毛かるた

【上毛かるたGO】え・~縁起だるまの少林山~だるまの由来と目の入れ方も!札のゲット場所も紹介します♪

投稿日:

どうも舞幻です。

今回は群馬県高崎市にある

「少林山 達磨寺」を紹介します。

群馬県は高崎だるま(縁起だるま)が全国的に有名で

全国生産の80%が群馬で生産されています。

「札ッシュ!!上毛かるたGO!」アプリで「え」の札がゲットできる場所にもなっています。

パートナー店舗とともにお伝えします♪

スポンサーリンク

高崎だるまを作った人

だるま作りは今から200年以上前に山縣友五郎という人物が始めたとされています。

友五郎がモチーフにしただるまは、江戸で疱瘡除けのお守りとして販売されていたものでした。

当時の江戸では疱瘡除けに赤いものが邪気を払うと信じられていたためです。

友五郎はそのだるまを参考にし、独自のだるまの製造を始めます。

しかし、当時はだるまの製造の際に必要な色塗りの材料などが簡単に手に入らず

生産量はなかなか伸びなかったようです。

そんな苦しい時期もありましたが

1859年横浜港の開港により、外国からスカーレットという赤の顔料が多く輸入されたため

だるまの製造数は伸びていきます。

 

その後、江戸で疱瘡の予防法が確立されたため

江戸からだるまの姿は徐々になくなっていきます。

友五郎はその後も、生涯に渡りだるまを作り続け

高崎だるま(縁起だるま)を全国的に有名にしていったのです。

 

達磨寺

200年ほど前の天明の飢饉の後、農民の救済のために

九代東嶽和尚が、達磨大師の図を手本に木型を作り、農家の副業として

張り子だるまを作らせました。

七草大祭で販売した所、評判となり

「縁起だるまの少林山」として今の地位を確立しています。

今でも達磨寺ではたくさんのだるまが販売されていて

大きさもデザインも様々です。

自分の気に入っただるまを選べるのはいいですよね♪

 

だるまには目が描かれていません。

購入した人が自分の手で目を描いていくのです。

願いを込めながら右目を描き、願いが叶った時や

1年無事だったら左目を描いてお寺に納めます。

ちなみに達磨寺内には喫茶店もあるようです!

喫茶「だるだる」ゆる~いネーミングで良いですね。笑

コーヒー、お茶、アイスクリームやかき氷なんかも食べられるみたいです。

達磨寺は思っていたより広く、石段も多くあるので

ここで休憩するのもいいかもしれませんね♪

場所は達磨堂になります。

 

上毛かるたGO!札ゲットの場所

「え」の札がゲットできる場所は本堂にあたる「霊符堂」です。

ここでは方位除けを始め、家内安全、商売繁盛、開運吉祥、受験合格等の祈祷法要を行なっています。

ここへは総門から石段を上がってくる方法と、

霊符堂のすぐ後ろにある駐車場から来る方法があります。

達磨寺を見て回りたい人は前者を

札を最短でゲットしたい人は後者を選択すると良いでしょう。

・住所:群馬県高崎市鼻高町296

 

パートナー店舗

パートナー店舗(カルカ)についてはこちら

「え」の札のパートナー店舗は

「GGC 高崎本店」です。

・住所:群馬県高崎市緑町1丁目28−2

❞ステーキと手づくりハンバーグ専門店❞

創業42年を迎えるこちらのお店。

子どもから大人まで、ファミリーやカップルに人気のレストランです。

「来た時よりも幸せに」をモットーに、ソースドレッシングなどは自家製です。

地産地消にこだわった食材で、群馬の美味しいが詰まったステーキとハンバーグは

多くの人に人気となっています。

・対象商品:現金のみ(ポイント利用、クレジットカード、電子マネー、他サービス券との併用不可)
イベント日は使用不可

・おすすめ商品:上州牛&上州麦豚100%チーズインハンバーグの「GGCハンバーグ」
上州希少部位のステーキ「上州牛ハンバーグ」

・電話番号:027-362-8887

・営業時間:11:00~24:00

・定休日:年中無休(年末年始を除く)

・駐車場:有(25台)

 

にほんブログ村【群馬情報】参加してます。

良かったら↓ポチッで応援お願いします♪
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

-上毛かるた

Copyright© まいらいふり〜すたいる♪ , 2018 AllRights Reserved.